クラウド型予約管理システム「チョイスリザーブ」

Salesforce連携

どんな機能?

予約システムとセールスフォースの連携
Webからの予約情報をSalesforceに取り込むことで、顧客情報に紐づいたシームレスなマーケティングや案件管理を実現します。
Salesforceのマーケットプレイス「AppExchange」で提供される「ChoiceRESERVE 予約連携(提供元: 株式会社テラスカイ)」が必要となります。
※「帳票出力」は別途Salesforceの開発が必要です。

こんなサービス提供者さまにおすすめです。

例えば保険や金融商品の個別相談をWebで申込みを行った顧客情報をセールスフォースに自動登録して効率のよい営業活動や、結婚式場の内覧や車の試乗予約をWebで受け付けた後Salesforce側で営業担当者やリソースの割り当てなど、業務効率の向上と営業活動の生産性アップが実現します。

また営業プロセスだけでなく、自動登録された予約情報を元に利用実績の確認や請求業務の一元管理、人気メニューの分析などマーケティングやバックオフィスの業務効率化を支援します。予約・顧客情報をPCなどのローカル上にダウンロードする必要がなく、よりセキュリティの高い環境下でデータ管理を行うことができます。

予約システムセールスフォース連携の活用例

 

ご不明な点はございませんか?

導入に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

機能概要

機能名 Salesforce連携
利用できるタイプ 時間,スクール,会議室,イベント
利用できるプラン Pro,Enterprise