予約システムの導入を検討するなかで、企業独自の環境やニーズにあわせてカスタマイズできるか気になる人は少なくありません。とくに既存の予約システムはサービスによって制約があり、それにより業務が複雑化する可能性も考えられます。

本記事では、予約システム「ChoiceRESEVE」の機能を例に、さまざまなカスタマイズの事例を紹介します。業種やシーンにあわせて予約プロセスを最適化する方法となっていますので、ぜひ参考になさってください。

多機能型のクラウド型予約システムであれば、どのような業種・ニーズにも対応

複数のビジネスマンが発言しているイラスト

クラウド型予約管理システム「ChoiceRESERVE」は、さまざまな業種に利用されています。機能が豊富なため、どのような業種やニーズにも対応が可能です。業種別のカスタマイズの例をご紹介します。

銀行・保険の窓口

銀行や保険の窓口などは店舗でお客様とコミュニケーションを取ります。予約システムで事前にお名前や目的、要望を把握できるため、来店前に準備が可能です。お客様一人ひとりに最適なおもてなしを提供できます。こうしたていねいな接客は顧客との信頼関係の構築にもつながります。

金融商品を提案する場所なので、信頼は必須です。「ChoiceRESERVE」の利用により、ワンランク上の接客が可能です。

▼「ChoiceRESERVE」の銀行や保険窓口でできることについて、詳しくは下記よりご覧ください。
銀行・ショールーム・保険販売の来店相談予約システム|ChoiceRESERVE

料理教室・クッキング講習会

料理教室では、料理体験の予約ウェブフォームに「ChoiceRESERVE」が利用されています。用意されたメニューにはオプション体験があり、希望する体験を選択できるようになっています。

日時の予約も体験時間ごとに分けられています。この日時も間にスタッフの準備時間が必要であれば、用途にあわせて調整が可能です。

▼クッキングスタジオでの「ChoiceRESERVE」導入事例は下記よりご覧ください。
クッキングスタジオ様でのChoiceRESERVE導入事例|ChoiceRESERVE

教育・学習塾

学習塾でも予約システムが活用されています。塾生にIDとPWを付与し、各サービスの予約申し込みに利用できるように環境を整えています。

「ChoiceRESERVE」は決済代行会社(GMOペイメントゲートウェイ株式会社)によるオンライン決済に対応しているため、サービスの予約申し込みとあわせた決済が可能です。

▼参考「ChoiceRESERVE」のクレジットカード決済機能について、詳しくは下記よりご覧ください。
クレジットカード決済機能|ChoiceRESERVEヘルプセンター

レンタルスペース

貸し会議室やレンタルスペースでも予約システムが活用されています。こうしたサービスは、予約件数が売上に直結するため、スムーズな予約環境が必要です。

多機能な「ChoiceRESERVE」なら、どんなサービスにも対応した予約サイトが作れます。端末を問わずいつでも予約ができる環境を作れるため、予約の取りこぼしがなく、稼働率を上げることができます。

▼「ChoiceRESERVE」のレンタルスペース向け機能について、詳しくは下記よりご覧ください。
レンタル予約システムは、レンタルスペースやレンタサイクルにも対応|ChoiceRESERVE

多拠点・複数管理

多拠点管理にも「ChoiceRESERVE」が活用されています。アクセス権限の付与や操作、セキュリティ対策など機能が豊富だからこそ、用途や目的にあわせたカスタマイズが可能です。

拠点ごとの予約状況の管理や顧客情報などもまとめて管理できます。予約管理のためにスタッフを配置する必要はないため、コストカットにもつなげることが可能です。

▼「ChoiceRESERVE」の複数拠点管理について、詳しくは下記よりご覧ください。
予約を一元管理! 複数拠点・店舗の予約課題を解決|ChoiceRESERVE

予約時に入力してもらう情報や予約方式、デザインなど「予約の入口」を自由にカスタマイズ

サイトのログイン画面

「ChoiceRESERVE」はカラーリングやロゴ、背景画像の設定が可能なため、企業の印象をそのまま伝えることが可能です。

サービスサイトと予約サイトが別である場合、サイトデザインに統一性をもたせたほうが印象は良くなります。とくに運営会社のロゴが表示されていると視認性も高くなるのでおすすめです。

必要に応じて文章の追加や画像・動画の登録もできるため、企業が運用しているサイトデザインに近づけることが可能です。

▼参考「ChoiceRESERVE」の予約サイトデザイン設定やカスタマイズについて、詳しくは下記よりご覧ください。
機能一覧 予約サイトの準備|ChoiceRESERVE

予約メニューごとの詳細、個別料金設定や抽選受付など「メニュー」をカスタマイズ

飲食店のメニュー表

「ChoiceRESERVE」は、予約メニューごとにご要望に応じたカスタマイズが可能です。たとえば、サービスごとに料金が異なる場合も個別に設定できます。

また、人気のサービスの予約ができる人は限られており、すべてのお客様に公平にサービスを提供したいと考えている担当者もいるのではないでしょうか。抽選形式での応募の受付が可能なため、公平に予約サービスを提供できます。

▼参考「ChoiceRESERVE」の予約メニュー設定や抽選応募形式予約について、詳しくは下記よりご覧ください。
機能一覧 予約メニュー・枠(在庫)を設定|ChoiceRESERVE

自動配信メール、リマインドメールなど「予約者への自動案内」をカスタマイズ

予約札

「ChoiceRESERVE」で予約すると、予約情報を自動でメール配信してくれます。もちろん、配信する文章もカスタマイズが可能です。オンライン相談などのサービスには、ZoomやGoogleMeetと連携したURL配信にも対応しています。

また、予約時にアンケートを取ることもできます。選択・記述式どちらにもカスタマイズできるため、予約者の要望や意見を効率よく取得することが可能です。どのような経緯でサービス利用に至ったのか、どのようなサービスを求めているのか、事前に設問を考えておくとよいでしょう。

▼参考「ChoiceRESERVE」のメール自動配信機能について、詳しくは下記よりご覧ください。
機能一覧 メール自動配信|ChoiceRESERVE

電話予約とネット予約の情報一元化、管理者権限設定など「管理方法」をカスタマイズ

話し合う管理者

予約業務を効率的に運営するには、予約情報の一元管理が欠かせません。「ChoiceRESERVE」は電話とネット予約のデータを統合できるため、リアルタイムで編集が可能です。これによりダブルブッキングも防げます。

また、予約サイトの管理画面へのアクセスは、操作範囲を限定した権限の設定が可能です。総合管理者をはじめ、サブ管理者や限定サブ管理者など権限を指定できるため、セキュリティ面でも安心です。

多拠点の予約情報の管理や他部署との共有に便利なCSV出力機能も備えています。Salesforceに予約情報を取り込んで、マーケティング戦略にも活用できます。

ほかにもGoogleカレンダーやZoom、Teams、GoogleMeetなどこれまで利用しているサービスとも連携して使うことができます。

▼参考「ChoiceRESERVE」の外部連携機能について、詳しくは下記よりご覧ください。
機能一覧 他サービスとの連携|ChoiceRESERVE

予約システムはカスタマイズに対応できる機能の豊富さがカギ

予約システムを選ぶなら、自社の商品やサービス、環境にあわせてカスタマイズできる機能を備えたものを選びましょう。そのためには機能の豊富さがカギとなります。

無料の予約システムもありますが、独自性や利便性を追及するなら多機能な「ChoiceRESERVE」がおすすめです。

顧客のニーズにあわせて機能をカスタマイズできれば、満足度の向上はもちろん、予約業務の効率化にもつなげることが可能です。ビジネスの拡大や成長を見据えるのであれば、マーケティングツールと連携ができるかも着目して選びましょう。

課題感やご要望を元に事例をご紹介します
ご相談はこちら