PAGE TOP

施設・会議室・設備

高機能予約システムで
会議室のムダを削減

会議室の予約管理を人手に頼った運用をしていませんか?
表計算ソフトやホワイトボードで予約管理をしていると、人為的なミスで予約重複などがおき、重大な機会損失が懸念されます。
会議室の管理や受付支援のツールとして「会議室予約システム」を導入し、管理部門と利用する社員の便利を手に入れられます。

Point 01 管理業務をスリム化

管理部門からも予約者からも、会議室が空いている時間が「目で見える」状態になり利便性が向上します。社員自身が予約手続きを進められ、総務など間接部門の手を介す必要がなくなります。管理フローがシンプルになり、スムーズな運営管理を実現します。

Point 02 シンプルな導入

特別な設備投資は必要ありません。パソコンへのソフトインストールも不要です。インターネットに接続したパソコンがあれば、すぐに導入可能です。 予約システムの導入はアカウント発行後、管理画面にアクセスするだけ。高価なサーバ代や専任のシステム担当者も不要です。

Point 03 予約専用だから低コスト

会議室や設備の管理に絞った予約システムなので利用者数に制限はありません。グループウエアのように利用者分のアカウントを確保する必要はありません。業務時間や管理担当者の不在など受付人員を気にすることなく予約を受付けられます。PCやスマホでもアクセスできるので社外からの利用も可能です。

Point 04 予約管理はもちろん
「それ以上」を。

会議室予約システムは単に予約管理するだけには留まりません。稼働状況の把握で必要とされる設備の実態が浮き彫りになります。利用実態が明確になれば、社外の会議室利用も考慮しつつ自社に本当に必要な設備が何か、また、あるべき備品の揃え方もイメージできます。最適な設備投資の判断材料のひとつになるのです。
予約システムで自動化できる管理はよりシンプルに、自動化により省力できた分の人の手は、快適なビジネス空間を保つことを手厚くすることができます。

ChoiceRESERVEでできること FEATURE

接客の悩みを解決する

事前準備もヒアリング

会議室を利用する際、事前準備が万全ならばその会議はスムーズに進行でき有益な時間となるでしょう。
管理部門でのセッティングが必要な場合、予約時に事前準備のリクエストをヒアリングできるため、受付業務のフォローも可能になります。プロジェクターなどの備品や、机セッティングレイアウトも含めた項目を予約時にアンケートとして取得できます。

見える予約で
無駄を省く

常に最新の利用状況を見ることができます。
急に必要になった会議室も、目的にあった部屋をすぐに抑えることができ、会議が長引いた場合の延長手続きも簡単です。
また、予約時間のお知らせメールも自動で配信されます。
予約内容がメールにも記されるので、うっかり忘れの防止になります。

社用車や備品も
まとめて管理

会議室や打合せルームなどの施設に加え、プロジェクターなどの会議室で使う備品や、社用車・パソコンなどの共有設備・備品まで、バックオフィスで必要な管理業務を一元化します。
管理担当が所属する業務セクションに関わらず、共通した管理フローで運営できるので、利用方法が煩雑になりません。

空きスペースを
有効活用

施設の一部を社外の希望者にも開放し、空きスペースの有効利用することも可能です。
顧客登録での利用を前提とすれば、予約者への事前確認も行えるので、安定した運用を保つことができます。
また、利用料金を徴収したい施設についてはオンラインによる事前決済の導入も可能です。

導入事例 CASE STUDY

多くの企業様でご利用いただいています

社内会議室や施設の予約管理ChoiceRESERVEを導入した企業様から、問題解決ができたとの多くの声をいただいております。

導入の決め手は「スマホで予約」

某大手不動産の社内会議室・応接室予約

来客のスケジューリングに不可欠な会議室の利用予約。
「社内イントラからしか会議室の空き状況の確認ができず外出先で即時にアポイントを決定できない」と、営業部門から不満の声があがっていました。
いつでも予約できる利便性だけでなく、予約はログイン時に限ることでセキュリティ対策も講じられることから、ChoiceRESERVEの導入を決定しました。
時間や場所を気にすることなく、スマホを使った簡単な操作で会議室の予約が完了し、その場で打ち合わせの約束を交わせる。
お客様のご都合によるリスケジュールも、予約変更をその場で手続きでき、機会損失を減らすことができました。

福利厚生の充実と管理コスト削減に一役

某大手メーカーの福利厚生施設

福利厚生の一環として、カルチャースクールやスポーツ愛好会の活動に社内の体育館やテニスコートが利用できます。
社員だけでなく、定年退職者や一部のスポーツ団体にも利用を許可しています。
多数の利用希望者がいるため、施設を管理する総務部門の業務のコスト削減のため、予約システムの導入を決めました。
予約を利用者自身に登録させることで、一次対応の手間が省けました。必要な申請書類を提出するための利用手順や、お知らせも予約サイトに掲示できるので、利用に関する問い合わせを減らすことができました。また、利用者からは予約しやすくなったと喜びの声を聞いています。

自分のデスクで空き確認 申請の手間も半減

某大手企業の共用会議室・応接室予約

会議室はグループ企業で共同利用しています。
利用予約は会議室に設置された管理表で行ってるので、部門によっては空き状況の確認のためだけにオフィスから離れた会議室まで足を運ばなくてはならず、使いにくいさが不評でした。
クラウド型予約管理システム「ChoiceRESERVE」の予約管理カレンダーが、予約状況の確認方法として運用とマッチしていたので、管理画面のみを使った予約管理を導入しました。

空き状況を自分のデスクで確認して利用申請できるので、時間のロスやダブルブッキングといったリスクを減らすことができました。
会議室の利用率がアップするメリットも生まれてきています。

ご利用料金 PRICE

用途に合わせて最適なプランをご用意

事業の規模や使用状況に応じて最適なプランをご選択ください。3つのプランと、お試し期間を用意しております。

Lite

月額

11,000

基本機能で予約管理を
サポートする簡易プラン

初期 22,000円

もっとも利用されています!

Pro

月額

22,000

基本的な機能
+
必要な機能を追加できる
予約管理システム

初期 33,000円

Enterprise

月額

ASK

大型プロジェクト・大企業向け
予約管理ソリューション

初期 ASK

※ 上記は全て税込価格です

資料ダウンロード お問い合わせ