ユーザーがWeb上で簡単に予約操作を行え、管理者側もWebで管理を完結できる予約管理システム。現在では様々な特徴をもつ予約管理システムが登場しています。
この記事では、Webタイプの予約管理システムを選ぶ際のポイント、チェックしておくべき機能を解説し、欲しい機能がそろったシステムを紹介します。

Webタイプの予約管理システムの多くに共通する一般的な機能

ビジネスマンの手と歯車

Webタイプの予約管理システムに備わっている機能の多くは、各システムに共通しています。どの機能もWebタイプならではといえるものです。ここでは代表的な機能について解説します。

自社の予約受付サイトをイチから作成できる

Webタイプの予約管理システムの特徴的な機能として、店舗・企業と顧客の双方に利便性の高い予約受付サイトの作成機能が搭載されています。サイト作成に関する詳しい知識をもっていなくても、見やすく使いやすい予約受付サイトを簡単な手順でイチから作成できる点が大きな特徴です。あらかじめ用意されているテンプレートやデザインを選択し、メニューに沿って項目を整えれば自社の予約受付サイトができあがります。

独自のホームページを開設していない店舗・企業にとって見逃せない機能だといえるでしょう。

受付完了メールやリマインドメールを自動送信

メールの自動送信機能は予約後の顧客サービスに役立ちます。問題なく予約受付が終わったことと予約のお礼を伝える受付完了メールや、予約日時のリマインドメールの送信は、顧客満足度にもつながるサービスの一つです。システムが自動で送信してくれるため、送信忘れの心配がなく、業務効率のアップにもつながります。

直感的なカレンダー画面で予約操作ができる

カレンダー画面を見ながら予約ができるWebタイプの予約管理システムなら、直感的な操作で予約手続きができるため、迷うことなくミスのない予約が可能です。操作が簡単でミスによるキャンセルや再予約という事態の防止につながるため、顧客にも店舗・企業にもメリットが大きい機能だといえるでしょう。

システムの管理画面で予約状況を一元管理できる

Webタイプの予約管理システムでは、予約状況を一元管理できます。管理画面でリアルタイムの予約状況をいつでも確認可能です。

▼参考:
予約システム&予約管理システムのメリット・できること|ChoiceRESERVE

あると便利なWebタイプの予約管理システムの個別機能

PCを操作する手

Webタイプの予約管理システムにはさまざまな機能がありますが、基本機能として搭載されているものとオプションで搭載できるものがあります。基本機能かオプション機能かはシステムによって異なりますが、あると便利な機能について解説します。

クレジットカード決済機能

クレジットカードによる決済機能は、Webタイプの予約管理システムにとってあると便利な機能から、なくてはならない機能になりつつあるといえるでしょう。顧客から見たWeb予約の大きなメリットの一つが、24時間いつでも居ながらにして予約できる点です。予約時にオンラインで決済まで終わらせることができれば、利便性がさらに向上します。

店舗・企業にとっては、事前決済が行われることで料金の回収漏れがなくなる点が大きなメリットです。瞬時の決済が可能なキャッシュレス決済のなかでも、利用者が多いクレジットカードによる決済機能は見逃せません。

会員制サイトの構築・運営機能

会員制サイトの構築・運営機能は、会員制のサービスを提供している店舗・企業だけでなく、一般の顧客を囲い込みたい、リピーターを増やしたい店舗・企業にとっても役立つ機能です。会員特典を用意するなどお得感を打ち出すことで、会員登録を促し、プロモーション、マーケティングの積極的な展開が可能になります。会員別に利用期間を設定したり、会員の有効期限を自動制御したりといった管理も可能です。

顧客にとっても、会員登録することで次回の予約時に入力する項目が少なくなる点がメリットです。IDとパスワードを使ってログインすることで、本人情報を入力する必要がなくなります。また、マイページで情報の確認が可能です。会員制サイトの構築・運営機能は、顧客エンゲージメントの向上にもつながる機能だといえるでしょう。

管理者権限の複数設定

管理者権限を複数設定できる機能によって、シフト制などで管理者が複数いる場合でも、それぞれ個別の管理IDを利用できます。管理者権限の内容も同一のものだけでなく、情報の閲覧までが可能な管理者権限と編集やダウンロードが可能な管理者権限に分けるといった使い方も可能です。

また、担当者が確認できる予約を本人のものに変更し、他の担当者の情報は確認できない取扱いにすることもできます。管理者を1人に限定したいケースを除いて、欲しい機能の一つです。

計測・分析機能

各種の計測・分析機能があれば、サービスの運営や店舗・企業の経営に役立てることができます。例えば、Googleアナリティクスの解析ツールの利用です。タグの設定を行うことで、集客状況の分析が可能になり、予約受付サイトの改善など、さまざまな施策の立案につながります。また、会員データや予約データをCSV出力することで、必要とする計測や分析が可能です。計測・分析機能を検討するときは、その内容に注目しましょう。

複数拠点・多店舗への対応

複数拠点・多店舗への対応機能があれば、それぞれ独立した予約管理システムを導入する手間もコストもかかりません。機能面では、予約メニューを拠点・店舗ごとにカテゴリ分けできます。前述の管理者権限についても、特定店舗のみの管理者権限と、同一エリア内店舗の管理者権限、全店舗の管理者権限のように役職によって区別できます。

複数拠点・店舗でサービスを展開している場合、どこまで分けた取扱いができるかをチェックすることが重要です。

外部サービスとの連携機能

Webタイプの予約管理システムには、さまざまな情報が蓄積されています。このデータは単に予約情報というだけでなく、サービスの向上マーケティング業務効率の改善に欠かせない重要な情報です。APIなどの外部連携機能を利用することで、外部サービスでデータを活用できます。例えば、Salesforce連携を使うことにより、ワンランク上の顧客管理が可能です。連携したデータは、マーケティング業務だけでなく、バックオフィス業務にも役立ちます。

SEO・アフィリエイト対応

SEO対策アフィリエイトに対応する機能があれば、集客に役立ちます。タイトルタグやMETAタグ Keyword、BODY テキストなどの設定による検索からの訪問客の流入増が一例です。また、ASPの測定タグを予約完了ページに設定するなどで、予約ごとのデータ出力ができます。

上記以外にも各種機能を利用できるのが、Webタイプの予約管理システムのメリットです。自社の事業内容、サービス展開に役立つ機能を選ぶことで、予約管理業務だけでなく事業全体にプラスの効果をもたらすでしょう。

▼あわせて読みたい:予約システムとは?機能や選び方、メリット・デメリットを解説! | ChoiceRESERVE

欲しい機能がそろったWebタイプの予約管理システム

キーボードと付箋と虫眼鏡

ここまでWebタイプの予約管理システムで利用できる一般的で代表的な機能、ケースによっては無いと困るレベルのあると便利な機能を解説してきました。それを踏まえて、ここでは欲しい機能がそろったWebタイプの予約管理システムのなかから、人気の高い6システムを紹介します。

ChoiceRESERVE

ChoiceRESERVEは、リザーブリンク社が提供しているWebタイプのクラウド型予約管理システムです。2010年のサービス開始以来、大企業をはじめとして導入実績は4,000件以上です。多拠点での導入事例も多数あります。さまざまな業種の予約に関する課題解決に役立っており、サポート体制セキュリティ対策にも力を入れています。

予約受付サイトの作成、会員制サイトの構築・運用機能、自動メール送信機能、クレジットカード決済機能、Salesforce連携機能など、一般的な機能からあると便利な機能まで、多機能なWebタイプの予約管理システムです。導入イメージを確認できるデモサイトが用意されています。

STORES予約

STORES予約は、STORES社が提供しているWebタイプの予約管理システムです。累計導入者数は15万社以上。スマ―トフォンでの使いやすさを前面に打ち出しており、会員アプリの機能が充実しています。また、POSレジとの連携やLINEミニアプリ連携、Zoom連携、RemoteLOOKなど、外部サービスとの連携の多さが特徴です。

自動メール送信機能、クレジットカード決済機能、複数拠点対応機能、管理者権限機能などもそろっています。

RESERVA

RESERVAは、コントロールテクノロジー社が運営するWebタイプの予約管理システムです。すぐに使えるシンプルな操作性で、店舗・企業の規模を問わず幅広い業種の予約に利用でき、細かなカスタマイズに対応しています。累計導入社数は26万社を超えており、予約受付と顧客管理が無料で使える点が大きな特徴です。

自動メール送信機能、クレジットカード決済機能、Zoom連携機能、多店舗管理機能など、使える機能が用意されています。

リザエン

リザエンは、インタークエスト社が運営するWebタイプの予約管理システムです。2000年から200以上の業種、官公庁から民間企業まで幅広く使用されています。高度なセキュリティ性とカスタマイズ性の幅広さを打ち出しており、サポート体制も充実しています。

クレジットカード決済機能やAPI連携機能、Web会議システム連携機能、QRコード受付機能など、他のシステム同様に多機能な予約管理システムです。

Airリザーブ

Airリザーブは、リクルート社が運営するWebタイプの予約管理システムです。シンプルな画面で簡単に使える予約システムでありながら、多くの機能を備えています。オンライン予約だけでなく、電話予約にも対応している点が特徴です。同じリクルートグループのサービスであるAirペイやAirレジとの連携により、顧客情報の一元管理ができます。

自動メール送信機能や複数店舗の管理機能、管理権限機能、CVSダウンロード機能などがそろっています。

SELECTTYPE

SELECTTYPEは、セレクトタイプ社が運営するWebタイプの予約管理システムです。幅広い業種に対応する170種類以上のテンプレートのなかから、イメージにマッチするテンプレートを選ぶだけで、すべての機能がセットアップされます。

クレジットカード決済機能や銀行決済機能、コンビニ決済機能、Googleカレンダー連携機能、LINE連携機能など多機能です。

▼あわせて読みたい:予約システム導入にかかる費用・料金の相場|自社制作・外注・既成ASPやツール利用など方法ごとに解説 | ChoiceRESERVE

Webで操作できる予約管理のデモサイトがあると検討時に便利

電球マークと「TRIAL」の文字

Webタイプの予約管理システムは、どのシステムも便利な機能を使えるようになっており、カタログスペックだけでは優秀性の判断が難しいといえます。したがって、導入にあたっては、実際の動きや使い勝手を確認することが重要です。その方法として、無料プランや無料期間のお試し利用デモサイトの利用があります。

どちらを選ぶかは自社のニーズにもよりますが、無料プランやお試し利用には申込み手続きが必要になるのに対し、デモサイトなら煩雑な手続きもなく使い勝手の確認が可能です。

ChoiceRESERVEでは、業種ごとに予約サイトの具体的なイメージを確認できるデモサイトがあります。ぜひ確認してください。
ChoiceRESERVEのデモサイトはこちら

Webタイプの予約管理システムは導入後の運用イメージに合う機能をチェック!

Webタイプの予約管理システムは、高機能で使いやすいシステムが増えています。人気のシステムはどれを選べばよいのか悩んでしまうかもしれません。そんなときは、自社のニーズを明確にして導入後の運用イメージを描いてみましょう。そのイメージに合う機能には何があるのか、使い勝手はどうかといった疑問点を解消するのがデモサイトです。デモサイトを利用して、しっかりとイメージに合うWebタイプの予約管理システムを選んでください。

2分でわかるChoiceRESERVE
資料ダウンロード