拠点・管理者の役割ごとに権限管理できます

複数拠点・複数人での管理にお困りではありませんか?

ChoiceRESERVEでは、役割や権限に合わせてアクセスできる情報を設定することができます。
複数拠点、複数店舗で予約管理を行う場合、各管理者の役割・権限に応じた予約管理が必要になります。チョイスリザーブは予約管理の権限を分けることができ、閲覧・編集範囲の制限や、誤操作やセキュリティリスクに備えることが可能です。

役割に合わせて管理できる権限を設定できます

例えば、A店の店長であれば、自店舗の予約・顧客管理を全て行います。
アルバイトスタッフであれば、予約状況だけを確認して、当日の準備を行います。
エリアマネージャーであれば、A店・B店を含めた担当エリアの予約情報をリアルタイムで閲覧できます。
店舗企画部門であれば、経営者への報告用に、全店舗のデータを絞り込み、出力することができます。
外部委託しているコールセンターであれば、全店舗の予約管理を行うことはできますが、CSVの出力ができないように設定できます。

というように、それぞれの課題感・管理したい(させたい)権限範囲を設定することができます。 チョイスリザーブでは、このような全国にまたがる多拠点管理、複数の部署・部門・雇用形態の、数十人~数百人を超えるチームでの予約管理の実績が豊富です。

複数拠点を管理する機能の一例をご紹介します

複数拠点を管理する機能の一例をご紹介します。貴社の予約管理の運用をお伺いしながら、具体的なご提案をさせていただきます。詳しくはお問い合わせください。

総合管理者

予約サイトのアカウントに対して全権限を持つのが総合管理者です。システムの契約管理、基本情報の設定、サブ管理者の権限設定などを担います。

サブ管理者

複数管理者が共通の予約管理を行う場合、総合管理者は各管理者に権限を指定し、管理者IDをつくることができます。

限定サブ管理者 シングル/マルチ

特定のメインメニュー(店舗・スタッフ・スペースなど)の予約情報を、与えられた権限の範囲で操作可能な管理者IDを発行することができます。

メインメニュー別メールアドレス

複数店舗・管理者・スタッフで運営している場合などで、予約メニュー毎に管理者宛の自動配信メールの宛先アドレスを指定することができます。

ご不明な点はございませんか?

予約システムに関するご相談・ご不明な点などございましたら、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ