大手業務ソフトウェア 様の導入事例

基幹システムとのAPI連携で有償セミナーの予約・入金管理を実現

導入前の課題

以前より、無料セミナーの予約をChoiceRESERVEで運用していた大手ソフトウェア企業様。セミナーの有償化に伴い、現場の負担を最小限に抑えつつ、参加者の入金管理と予約データの連携を実現出来ないかというご相談をいただきました。

API連携で予約データを基幹システムへ連携

今回、有償セミナーの入金管理を行うにあたり、予約者のデータとセミナー情報を社内の販売管理システムに入力する新たな作業が発生します。
そこで、ChoiceRESERVEで受け付けた予約者や予約データを自動的に販売システムに取り込むAPI連携をご提案いたしました。

APIを用いた自動連携で、コストを最小限にし運用変更を実現

予約システムのAPI連携イメージ図

ChoiceRESERVEで受け付けたセミナーの予約データを、APIを用いて基幹システムに送信し、売上として登録しました。
予約が入るたびに基幹システムに予約データを手入力する作業を削減し、入金の消込を行うことができました。

お客様との対話を通じて、運用に最適なサポートをご提案

ChoiceRESERVEでは、お客様の課題やご要望を伺いながら、事例をもとに運用に合った最適なサポートをご提案します。導入後もお客様に定期的にお声がけをして、運用状況を伺いながらサポートやご提案を行なっております。

【ChoiceRESERVEのダブルサポート体制】導入後の並走サポートについて

 


こちらの事例もオススメです

同じ業種の事例