クラウド型予約管理システム「チョイスリザーブ」

SSLサーバ証明書(SHA-2)へ移行します

SSLサーバ証明書(SHA-2)へ移行します

SHA-1ハッシュアルゴリズムの危殆化を背景に、SSLサーバ証明書をSHA-2への移行します。

背景

2013年11月にマイクロソフト社からセキュリティアドバイザリ 『マイクロソフト ルート証明書プログラムでの SHA-1 ハッシュ アルゴリズムの廃止』が発表されました。それによるとWindows環境において、ハッシュアルゴリズムSHA-1の証明書が2017年1月1日以降利用することができなくなります。マイクロソフト社のプラットフォームでの可用性を継続するため、全てのSHA-1のSSLサーバ証明書について、2017年1月1日までにSHA-256(SHA-2)のSSLサーバ証明書に変更いただくことを推奨しております。

2014年9月5日、グーグル社より、Chrome version 39(2014年9月末ブランチリリース、安定版は以降順次リリース)以降において、SHA-1版SSLサーバ証明書が導入されたウェブサイトとのSSL/TLS通信時に、Chromeのユーザーインターフェース上に警告表示を開始する計画が発表されました。

これらの状況から、ChoiceRESERVEではお客様がセキュアな状態で安心して予約システムをご利用いただくために、SSLサーバ証明書をSHA-2に移行することになりました。

スケジュール

2015年3月17日(火)~25日(水)の間に順次対応していきます
※こちらの対応によるシステムの停止時間はありません

ユーザ様への影響

一部の携帯電話はSHA-2証明書に対応していないものがあります。
2008年以前に発売された携帯電話から予約手続きができなくなる可能性がございます。ご注意ください。

SHA-2証明書の対応端末やブラウザなどについては、GMOグローバルサインのサイトでご確認ください。
◆モバイル(携帯)端末の対応に関して(SHA256証明書)
◆対応ブラウザに関して(SHA256証明書)
https://jp.globalsign.com/support/faq/539.html?service=ssl